2008年12月20日

泥棒はサボテンなんか食べやしない。

母が美容院へ行き、2時間ほどしてから帰宅したところ、
玄関の様子に驚愕。


玄関脇に置いてあるベンチは若干移動し、
どこからともなく持ってこられた母の上着2着は床に散乱し、
何だか乱れている。

「何事?!」と思ったそうで。

そして、すぐさま度肝を抜かれる事態を発見。



続きを読む

ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

法事とやらに参加してみる

IMG_0399.JPG


「法事」とかいうイベントがありました。
頭がツルツルしたアンパンマンみたいな丸いお顔のお坊さんがきました。
何だか、たまに家に来ます。

みんながお坊さんの方を向いて座っているので、
何となく、aiちゃんとai姉さんの間に伏せてみました。
お坊さんが、丸い木をぽこぽこ叩きます。いい音がします。
うとうとしてしまいました。

途中で、みんなが順番に、粉をつまんで上げ下げしているので、
「たべるのか?」「それをたべるのか?」と
私も首を上げ下げして見つめてしまいました。
どうも、食べ物ではないらしいです。
おとなしくしていたので、褒めてもらいました。        らぶ。



ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

プレゼント

Image012.jpg


ピンク色のパーカーなるものを着せられました。
暖かいです。
お外に行くにはちょっぴり恥ずかしいけれど、暖かいです。



IMG_0463.JPG


ベッドも買ってもらいました。
自分の居場所って感じで、安心感があります。
さっそく、お漏らしをしてしまいました。
せっかくの、パーカーもびしょびしょにしてしまいました。

どちらも、すぐに洗濯するはめに。。ごめんなさーい。   らぶ。


ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

私まつわ その2

今日もお母さんはお買い物に行ってしまった・・・。

今日はai-aiが午後出勤だったので、
出勤前に庭でトイレをするように言われたのだけど、

トイレどころじゃない。

お母さんは、どっちに行ったのかしら。


IMG_0390.JPG



IMG_0393.JPG





ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(1) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

私まつわ その1

おかあさんが、お外に行ってしまうと、
外の方向ばかり見てしまいます。

少しでも車の音がしたら、期待しちゃいます。


IMG_0323.JPG


IMG_0296.JPG


でも、それでも、なかなか帰ってこないと、がっかりしちゃいます。

ニックネーム ai★ai at 20:58| Comment(4) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ドッグカフェデビュー

母とご近所ニューファンドランドママさんが、
それぞれのワンを連れてドッグカフェへ。

休みをいただいていた私もとっても行きたかったのですが、
ここは、「おばさま同士、交流してきてください」と
身を引きました。


帰ってきたのは、3時間半後・・・。
ラブは疲れてぐったり。


IMG_0316.JPG
社交の場って疲れる・・・。




お邪魔したドッグカフェ「ninnanannna」の方に写真を撮ってもらったそうです。
HPの「らぶらどーるだよ〜」に載っています♪
「きらっきらっ」て言ってもらえてよかったねー。
こうやって写真を見ると、やっぱり「おでこちゃん」なモティの方が私のタイプかしら。続きを読む
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

洗髪

8月のお盆休みは、傷も落ち着いたラブちゃんの体をお外で洗いました。

四角いタライに水を張っても入らない・・・。
母が入ったら入るのかしら?
お気に入りのティガーのぬいぐるみを入れても、見ながらウロウロするだけで、
入ろうとしません。


動くラブちゃんを追いかけながら洗いました。

洗っている時に動くのと、洗い終わったときにテンションが上がって走り回るのは、
モティと一緒です。

でも、まだモティよりはおとなしく洗わせてくれました。



IMG_0299.JPG


IMG_0304.JPG

洗った時だけ、憧れのフラットコーテッドリトリバーになれるよ♪
陰が鬣(たてがみ)みたいで格好いいでしょー♪


ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

傷のその後



IMG_0284.JPG



一ヶ月も経つと、切った部分は目立たなくなりました。
抜糸をする前は、体液とやらが溜まって少し腫れたり(むくんだ感じ。水がたまっているっていう奴でしょうか)、汁がにじんで出てきたりしていましたが、
もうすっかり大丈夫です。



IMG_0293.JPG




ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

病理検査結果

IMG_0297.JPG



手術から二週間ほど経つと、ようやく傷口も落ち着いてきました。

避妊手術の方は一週間ほどで抜糸をすませ、傷口も奇麗にくっついていたのですが、
足の方はやはり肉がひっぱられて、なかなかくっつきにくい状態でした。


安静にしていないと、いつ傷口が開くか・・・心配な様子でしたし、
血がにじんだりもして、ヒヤヒヤものでした。

よく動くところなので、包帯巻いたってずれ落ちますし・・・。



そんな中、病理検査の結果が出ました。



続きを読む
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

手術内容

肥満細胞腫の切除に、どれぐらいの費用がかかったかというと、


手術前の検査(血液、X線、成虫抗原検査など)\ 24,700

静脈カテーテル留置 \ 2,000

全身麻酔 \9,500

手術 \12,500

入院費(静脈点滴、抗生剤などの注射含む) \8,000

合計 \ 56,700


プラス、避妊手術(\20,000)と病理検査(\10,000)で 合計 \86,700ー




夏のボーナスで私がお支払いすることを進言しましたが、
母より断られました。


これを考えると、先代のモーは、途中ほとんど大病もせず、孝行者でございました。


ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

手術 ー肥満細胞腫切除と避妊ー

7月3日が手術の日でした。
朝に連れて行き、健康診断をして、午後に手術。

ついでに避妊手術もしてもらいました。
なので、お泊まり入院です。

肥満細胞腫の切除だけなら、状態を見てその日に帰れることもあるそうです。


手術の前後に電話をいただきました。
丁寧に説明をしてもらい、
術前は「手術が可能であること」、術後は「うまく終わって元気にしていること」を聞きました。
二時間ほどかかったようです。



続きを読む
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

第一関門

ラブが来て一ヶ月経ってから、ようやく狂犬病の予防接種を受けに病院へ行きました。
来た頃にはフィラリアが弱陽性だったので、
その間、薬を飲みつつのんびり過ごしていたのです。


今回は新しい病院へ行きました。仕事がたまたま休みの平日の午前中に。
母曰く、評判の良いらしい病院が、近くなってリニューアルしたために、
ラブのホームドクター候補にすべく、試しに行ってみました。


そこで気になることをいろいろ話して、みてもらったのですが、
一ヶ月前くらいから消えない赤い湿疹みたいなイボみたいなモノについて調べてもらうことになりました。

針生検(ニードルバイオプシー)というのだそう。
針生検は、しこりに注射針を刺して細胞を採取し、採取した細胞を染色して顕微鏡で観察する検査方法(細胞診)だとか。

その結果をすぐにモニターで見せてもらい、説明を受けたところ、

「肥満細胞腫」とのこと。

たくさん説明してもらい、手術をするかどうかは私たちに託した獣医さん。
「ほとんどが悪性です」「手術は早い方が良いです」という言葉を残して・・・。


え、そんなに怖いものなの?!


無知な飼い主の私は、とりあえず次回の診察(耳も外耳炎ぎみだったので耳の治療も始まりました)までに、
手術をするしないの答えを出すことにしました。

母はいつものように、狼狽えるのみ。
モーの時と同様、こういう重大な事柄については、
母への進言をする役割や本当の決定権は私にある状態です。


その日から、どきどきしながら、「肥満細胞腫」について調べる一週間が始まりました。
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

後追い

ラブちゃんは我が家に来て、すぐにお母さんっこになりました。
どこへいくにもついて行きます。
トイレも、お風呂も。

母が出かけると、家の玄関とリビングの庭に通じる窓とを行ったり来たりしてソワソワします。
駆け足で。


lo4.jpg
たべものですか?


lo3.jpg
やっぱりお母さんのそばが一番。。



ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

新顔

4月に母親と電車で桜を見に出かけ、昼にお寿司を食べ、桜を堪能し、電車に乗って地元に帰ってきたときの事です。

近くの小さな個人経営のペットショップの小さな張り紙に、母の目がとまりました。


「ラブラドール 黒 メス 里親募集 5歳」


モーがいなくなって、半年。
新しい子を欲しがっていた母親に、「次は里親になってあげたら?」と言っていた矢先のことでした。

店に入って聞いてみると、今は店長が不在で、その犬は店長の家にいるとのこと。
私は残念ながらまだそれほど乗り気ではなかったために、
とりあえず、ブツブツ言っている母を連れて帰りました。


次の日、仕事から帰ってくると「見に行ってきたのよ」と、母が。
矢も楯もたまらず、ペットショップに電話して、店長の家まで見に行ったそうで。
思い立ったが吉日タイプの母親です。

それから数週間、母は悩みました。
「何を悩むの?」と聞いても、「私、何を悩んでるの?」と帰ってくる始末。
結局、GWに私も見に行く事になり、店長さんと少しお話をして
ラブちゃんを引き取ることになりました。

続きを読む
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

最期

モティが旅立ってしまいました。
昨日今日の様子をブログの記事に書いている途中。

最後まで強い子でした。
最後まで駄目飼い主でした。

ごめんね。仕事から帰って来るまで待ってくれていてありがとうね。ごめんね。

4.jpg

ニックネーム ai★ai at 03:07| Comment(9) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

覚悟

昨晩は午前3時と5時に、モーのヒャンヒャンいう声で起きました。
午前3時ではキッチンのフローリングで寝転んで、痛そうにキュンキュン震えているので、モー専用布団の上に移動させ、布団ごとリビングに運びました。

午前5時はあまりに苦痛な声で鳴き、起きたがるので抱きかかえて起こすと廊下へフラフラ歩いていき、血尿をたくさん出しました。


その日の仕事は6時までかかったのですが、急いで帰宅し近くの方の病院へ。
触診で、左胸の腫れはひいたが痼りはだいぶ固くなっていて、右も痼りが出来てきていると。
お腹の中にも何やらこぶし大のものがある、先週は無かったのに速い速度で大きくなっていると。「悪性やなぁ」と。

エコーとレントゲンをしてもらいましたが、両方ともにはっきりしたものは映らず。
ただ、腸の様子とかうっすらした映像から膀胱付近に腫瘍があるだろうとのことでした。

それが悪さをしているわけです。また、足の付け根の血管なども圧迫して、今は両後ろ足ともにむくんでむくんで、パンパンです。


「厳しい状態」と言われました。
「手術するにも厳しい」と。

痛み止めと抗生物質の薬物対症療法でいくことに、ここにきてようやく納得しました。

でも、覚悟ってどうやって決めたら良いものなんでしょう。
ニックネーム ai★ai at 00:37| Comment(8) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

分岐点

仕事が忙しい毎日なのですが、自分がやりたい仕事なので忙しいのは厭いません。
でも、モーちゃんにじっくり付き添う時間が無くなるのはいけませんね。
9月に落ち着いたので、安心してしまっていました。


10月に入り先週ぐらいから「あれ、お腹がふくれすぎてないか」と、ようやく気付き。
もともとあった痼り付近がどんどんふくれているように見えました。
それで17日頃から、左胸を噛んだり舐めたりするのでよく見ると左のおっぱい全体が腫れている!
18日、早めに仕事を終えて帰宅し病院へ連れて行き、痛み止めを貰いました。それで様子を見ようと。
翌日夜もなかなか寝られないようだったので、20日の土曜日に急いで近くの違う病院へ連れて行きました。「乳腺炎」だとのこと。
ただ、腫瘍のせいか細菌のせいかは分からないから、とりあえず抗生物質をのんで様子を見ようとのこと。

そしてその夜は私が付き添って寝たのですが、3時間ごとにおきてはトイレに行きたがる。
寝転ぶのもどこか痛がって一苦労。
ようやく寝ても、キューキューヒュンヒュン鼻を鳴らすので、ずっとトントンしてあげていました。。

抗生物質のおかげでか、腫れや赤みはとれたのですが、左のおっぱい全体の痼りは固い固い。そして今週は頻繁にトイレに行きたがり、長い時間ゼーゼー言いながらウロウロしながらチョロチョロと出すので、家の中でおしっこをさせるようにしました。それでも家の中を落ち着かずに1時間半ウロウロして、後は疲れ果てて横たわります。

尿検査では膀胱炎ではないようです。でも黄疸がでているとのことです。


近くの新しいお医者さんは手術を進めています。
17日以来行ってはいない主治医は、もともと手術は反対派です。
今現在は痛み止めを飲んで、少し寝ているようです。が、痛み止めが本当に効いているのかどうかは少し分からない一週間でした。


困りました。きっと何をしても後悔はするのでしょう。困りました。


IMG_0231.jpg
春には遠くまで散歩に行っていたのにね。




ニックネーム ai★ai at 00:22| Comment(4) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

花見月

Image029.jpg

暑さ寒さも彼岸まで?
太陽は照っているのに、
まだまだ寒いよ!!

ニックネーム ai★ai at 19:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

日課

IMG_0351.jpg


アタシの日課。
それは、いつでもこの定位置に座って、
キッチンに立つお母さんやai*aiを見て、
「なんか、ちょーだい!」
って、すること。
年齢を、重ねてもなお、食欲旺盛。

ニックネーム ai★ai at 00:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

大雨


Image010.jpg


今日は一時的に大雨。
一回だけ、大きな大きな激しい雷。
ショックです…。




ニックネーム ai★ai at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする