2008年07月03日

手術 ー肥満細胞腫切除と避妊ー

7月3日が手術の日でした。
朝に連れて行き、健康診断をして、午後に手術。

ついでに避妊手術もしてもらいました。
なので、お泊まり入院です。

肥満細胞腫の切除だけなら、状態を見てその日に帰れることもあるそうです。


手術の前後に電話をいただきました。
丁寧に説明をしてもらい、
術前は「手術が可能であること」、術後は「うまく終わって元気にしていること」を聞きました。
二時間ほどかかったようです。





次の日、迎えにいくと、普段鳴かないラブちゃんが、
「クンクンクンクン」
別にこちらの目を見ることも、しっぽを振ることも無いのですが、
寄り添ってきては、
ふんふん、くんくん、いってます。


寂しかったんだろうなぁ。またどこか違うところにやられると思ったのかなぁ。
いや、もしか、入院している仲間(犬)たちと一緒にいたかったのか。


お腹も足も痛々しく、今後のことを思っての手術とはいえ、
体にメスを入れさせたことに、胸が痛みました。


踏ん張ってたっていても、痛いのでしょう。腰がだんだん下がってくるし、足も震えているし。
それでも、伏せもおすわりもせずに、必死になってたっているラブちゃんでした。


Image128.jpg


ちょうど、膝の内側なので、肉が無いところなので引っ張られています。
開きやすいことを何度も獣医さんから言われました。
開きやすかったとしても、それでも広範囲にわたって切除しなければならないことを何度も言われました。



Image128.jpg


お腹も痛々しかったです。


ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラブちゃん、入院中はさぞかし不安だったことでしょうね。
お家に帰れてほんとに安心したでしょう。
傷も治って、これから、お母さんにたくさん甘えて、
いっそう幸せな日々を過ごせますね。
Posted by 緋佳 at 2008年08月27日 11:57
犬(足)【緋佳さん】・・・・・・・・・・

ありがとうございます。
無事に終わってよかったです。
足の傷もだいぶ目立たなくなりました。まだ毛が生えてこないんですけど。。

ん〜、しばらく落ち着いて平和に暮らせたら、と思います。

Posted by ai★ai at 2008年08月29日 21:09