2008年06月30日

決断ー肥満細胞腫の手術ー

犬の体表にあるデキモノ。
「何か、できてる。」程度で侮っていてはいけないようです。

ラブの足にできていた3ミリ〜5ミリの赤い湿疹のようなものは、
調べてもらうと、

「肥満細胞腫」でした。

犬の腫瘍のなかで、乳腺腫瘍に次いで多いのが皮膚腫瘍で、その皮膚腫瘍のなかで最も多いのが「肥満細胞腫」なんだそうで。
悪性腫瘍の中でもやっかいな腫瘍で、その程度や発生部位によって治療後の経過の明暗がはっきりと分かれてしまうんだそう。


治療としては、
「分化型」といって腫瘍の境界が比較的はっきりしているタイプの場合は、外科的手術で腫瘍をかなり広範囲にわたって切除。
それで完全に切除できたとしても、再発の危険はあるんだそうで。

転移がひどく外科的手術が困難な場合は、抗がん剤やステロイド剤を投与する化学療法や放射線治療などが必要になってくるんだそうだが・・・・、
それでも、治癒と言える状態にはならず、生きられる年数が限られてしまうんだそう。



恐ろしい・・・


なので、即決です。
ラブちゃんは7月3日に、
体の検査結果が手術を許せば、外科手術を行うこととなりました。
同時に避妊手術もしてもらうことにしました。
仕事、全半休をいただいて、病院へ行くことになりました。
参考
Petwellー犬の病気事典ー犬の肥満細胞腫

・ 児玉どうぶつ病院「犬の肥満細胞腫

ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしかしたら既にお読みになったかもしれませんが、
お友達のブログで肥満細胞腫をとりあげています。
http://dog.pelogoo.com/doglab/
良かったら、見てみてください。
カテゴリーのところにまとめられています。
4コいる、黒ラブ・茶ラブのうち、3人が悩まされたそうです。
もしかしたら、何か情報をお持ちかもしれません。

またどこかで何か見つけたら、持ってきますね〜
Posted by ターミ姉ちゃん at 2008年08月15日 09:25
手術してもう一ヶ月半・・ラブちゃん、どうですか?
元気に過ごしていることを祈っています。
たとえ闘病生活となろうとも、ラブちゃんは、
大好きなお母さんと一緒にいられて、
今が一番幸せなのだと思います。
Posted by 緋佳 at 2008年08月17日 13:29
【ターミ姉さん】・・・・・・・・・・

情報ありがとうございます。
こちらのブログのラブさんたちは皆、ご長寿さんで偉いですね、頑張ってますね。
三者三様みたいで、大変だったことでしょう。
しばらく経過を読ませてもらおうと思います。

こちらは、ひとまず一段落しました。ありがとうございした。でもまだまだ情報収集はしようかと思います。
またぼちぼち記録していきますね。




【緋佳さん】・・・・・・・・・・

ありがとうございます。
一ヶ月後の経過を病院で見てもらい、傷口もすっかりよくなって、おかげさまで調子良いですよー。
お祈りしていただきありがとうございました。
ほんとうに、よかったです。。
Posted by ai★ai at 2008年08月26日 17:34