2008年07月15日

病理検査結果

IMG_0297.JPG



手術から二週間ほど経つと、ようやく傷口も落ち着いてきました。

避妊手術の方は一週間ほどで抜糸をすませ、傷口も奇麗にくっついていたのですが、
足の方はやはり肉がひっぱられて、なかなかくっつきにくい状態でした。


安静にしていないと、いつ傷口が開くか・・・心配な様子でしたし、
血がにじんだりもして、ヒヤヒヤものでした。

よく動くところなので、包帯巻いたってずれ落ちますし・・・。



そんな中、病理検査の結果が出ました。



続きを読む

ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

手術内容

肥満細胞腫の切除に、どれぐらいの費用がかかったかというと、


手術前の検査(血液、X線、成虫抗原検査など)\ 24,700

静脈カテーテル留置 \ 2,000

全身麻酔 \9,500

手術 \12,500

入院費(静脈点滴、抗生剤などの注射含む) \8,000

合計 \ 56,700


プラス、避妊手術(\20,000)と病理検査(\10,000)で 合計 \86,700ー




夏のボーナスで私がお支払いすることを進言しましたが、
母より断られました。


これを考えると、先代のモーは、途中ほとんど大病もせず、孝行者でございました。


ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(0) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

手術 ー肥満細胞腫切除と避妊ー

7月3日が手術の日でした。
朝に連れて行き、健康診断をして、午後に手術。

ついでに避妊手術もしてもらいました。
なので、お泊まり入院です。

肥満細胞腫の切除だけなら、状態を見てその日に帰れることもあるそうです。


手術の前後に電話をいただきました。
丁寧に説明をしてもらい、
術前は「手術が可能であること」、術後は「うまく終わって元気にしていること」を聞きました。
二時間ほどかかったようです。



続きを読む
ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(2) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする