2008年06月30日

決断ー肥満細胞腫の手術ー

犬の体表にあるデキモノ。
「何か、できてる。」程度で侮っていてはいけないようです。

ラブの足にできていた3ミリ〜5ミリの赤い湿疹のようなものは、
調べてもらうと、

「肥満細胞腫」でした。

犬の腫瘍のなかで、乳腺腫瘍に次いで多いのが皮膚腫瘍で、その皮膚腫瘍のなかで最も多いのが「肥満細胞腫」なんだそうで。
悪性腫瘍の中でもやっかいな腫瘍で、その程度や発生部位によって治療後の経過の明暗がはっきりと分かれてしまうんだそう。


治療としては、
「分化型」といって腫瘍の境界が比較的はっきりしているタイプの場合は、外科的手術で腫瘍をかなり広範囲にわたって切除。
それで完全に切除できたとしても、再発の危険はあるんだそうで。

転移がひどく外科的手術が困難な場合は、抗がん剤やステロイド剤を投与する化学療法や放射線治療などが必要になってくるんだそうだが・・・・、
それでも、治癒と言える状態にはならず、生きられる年数が限られてしまうんだそう。



恐ろしい・・・


なので、即決です。
ラブちゃんは7月3日に、
体の検査結果が手術を許せば、外科手術を行うこととなりました。
同時に避妊手術もしてもらうことにしました。
仕事、全半休をいただいて、病院へ行くことになりました。続きを読む

ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする