2008年06月24日

第一関門

ラブが来て一ヶ月経ってから、ようやく狂犬病の予防接種を受けに病院へ行きました。
来た頃にはフィラリアが弱陽性だったので、
その間、薬を飲みつつのんびり過ごしていたのです。


今回は新しい病院へ行きました。仕事がたまたま休みの平日の午前中に。
母曰く、評判の良いらしい病院が、近くなってリニューアルしたために、
ラブのホームドクター候補にすべく、試しに行ってみました。


そこで気になることをいろいろ話して、みてもらったのですが、
一ヶ月前くらいから消えない赤い湿疹みたいなイボみたいなモノについて調べてもらうことになりました。

針生検(ニードルバイオプシー)というのだそう。
針生検は、しこりに注射針を刺して細胞を採取し、採取した細胞を染色して顕微鏡で観察する検査方法(細胞診)だとか。

その結果をすぐにモニターで見せてもらい、説明を受けたところ、

「肥満細胞腫」とのこと。

たくさん説明してもらい、手術をするかどうかは私たちに託した獣医さん。
「ほとんどが悪性です」「手術は早い方が良いです」という言葉を残して・・・。


え、そんなに怖いものなの?!


無知な飼い主の私は、とりあえず次回の診察(耳も外耳炎ぎみだったので耳の治療も始まりました)までに、
手術をするしないの答えを出すことにしました。

母はいつものように、狼狽えるのみ。
モーの時と同様、こういう重大な事柄については、
母への進言をする役割や本当の決定権は私にある状態です。


その日から、どきどきしながら、「肥満細胞腫」について調べる一週間が始まりました。

ニックネーム ai★ai at 22:50| Comment(3) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする