2007年10月26日

覚悟

昨晩は午前3時と5時に、モーのヒャンヒャンいう声で起きました。
午前3時ではキッチンのフローリングで寝転んで、痛そうにキュンキュン震えているので、モー専用布団の上に移動させ、布団ごとリビングに運びました。

午前5時はあまりに苦痛な声で鳴き、起きたがるので抱きかかえて起こすと廊下へフラフラ歩いていき、血尿をたくさん出しました。


その日の仕事は6時までかかったのですが、急いで帰宅し近くの方の病院へ。
触診で、左胸の腫れはひいたが痼りはだいぶ固くなっていて、右も痼りが出来てきていると。
お腹の中にも何やらこぶし大のものがある、先週は無かったのに速い速度で大きくなっていると。「悪性やなぁ」と。

エコーとレントゲンをしてもらいましたが、両方ともにはっきりしたものは映らず。
ただ、腸の様子とかうっすらした映像から膀胱付近に腫瘍があるだろうとのことでした。

それが悪さをしているわけです。また、足の付け根の血管なども圧迫して、今は両後ろ足ともにむくんでむくんで、パンパンです。


「厳しい状態」と言われました。
「手術するにも厳しい」と。

痛み止めと抗生物質の薬物対症療法でいくことに、ここにきてようやく納得しました。

でも、覚悟ってどうやって決めたら良いものなんでしょう。

ニックネーム ai★ai at 00:37| Comment(8) | 我が家の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする