2006年06月21日

「増える障害犬」を見て

先頃ご紹介しました
'06/06/20(火)放送のNHKクローズアップ現代「ペットブームの陰で〜多発する障害犬〜」をみました。
ペットブームの裏では、「高く売れる」「珍しい毛色」の犬を作り出すための乱繁殖が行われており、様々な遺伝的疾患を持つ犬たちが増えていると指摘していました。

番組を見た後に、「障害犬」について調べてみると、知っておかなければならない事がたっくさん!
なので番組では、問題となっている様々な事柄のほんの入り口、一部分を紹介されていたように感じました。30分番組なんですもの、仕方が無いですね。
でも、番組を見たおかげで、私もこうやってたくさんのことを自主的に調べる事が出来、多くのサイトさんのおかげで知識を得る事が出来ました。
今日はその一端を紹介したいと思います。。


遺伝的疾患には、股関節形成不全、環状線機能低下症、てんかん、陰睾、白内障、進行性網膜萎縮、聴覚障害などなど様々です。

遺伝的疾患を持つ障害犬が生まれる可能性が高いのは、
近親交配だけではなく、特定の毛色同士の犬を交配させた場合もある
ようですね。
ある毛色どうしを交配させることにより、致死的なものとなることがあるようです。


例えば、ダックスフンド
毛色は「ブラックタン」「クリーム」「レッド」「ダップル」「チョコダップル」「パイボールド」などと、多彩な毛色があります(知らなかった!)
そして、その中の「ダップル」は、毛色を決める事に関与している「マール遺伝」というものを必ず持っており、その「マール遺伝」は疾患の情報や、胎児の時の神経形成などに深く関与していると言います。

なので、ブリーディング業界では
「ダップル同士の交配はタブー」「ダップルと単色との交配は好ましくない(子供に遺伝的疾患が生じる可能性がある)」
というのは常識なんですって。
けれども、ダップル的な白い斑点の多い、まだらの変わった毛色を出そうと、悪質業者はダップル同士を掛け合わせたり、近親交配させたりするとのこと…。

こうやって心ない作為によって生み出された、白色の多いアルビノ的な毛色は「致死の白」と呼ばれるそうです。
(*毛色を薄くする、疾患の情報を含む遺伝子を持つ「白」という意味で、犬の「白色」全部がそれに相当するという意味ではありません)

他にも、オーストラリアン・シェパードがあげられます。
毛色はブルーマール、レッドマールとブラックまたはレッド地で、白と赤胴色の斑が入るものがあるそう。
その中の「ブルーマール」という毛色同士の犬を交配させると、難聴や小眼球などの障害を持った子供が生まれる可能性が高いそうです。
けれども、悪質業者は希少で高価なブルーマールの子犬を得るために、この毛色同士を交配させる…んですって。


続きを読む

ニックネーム ai★ai at 19:07| Comment(4) | TrackBack(2) | Pets SOS!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする